妖花街にて保育士をすることになりまして。②【完】(番外編更新中)

作者椿いろは




「何だかみんな……大きくなったね?」

「はっはっは、子どもの成長はあっという間だからなぁ」


夏と言ったら……七夕にお祭りに花火! 

プールに季節外れのお花見に――保育参観!?

すくすく成長中の子どもたちと一緒に、楽しい思い出作りの毎日です。




咲、はやくいこうぜ!」

おれが杏咲ちゃんのこと、およめさんにしたる!」

「オレさ、もっと強くなりたいんだよ」


――時にはときめいちゃったり? 将来について、皆で考えてみたり。



「お父さん、これぼくが作ったんだよ!」

「おぉ、久しぶりじゃなぁ、我が息子よ。会いたかったぞ」

「うるせぇクソオヤジ


――時には家族で会話を楽しんだり(?)



「……先生なんて、だいきらい」

「こんな力、ほんとはほしくなかった……!」


――嫌われたり、喧嘩しちゃったり。

苦しくて、悩んだりすることだってたくさんあるけれど。



「馬鹿みたいに真っ直ぐなところ、僕は結構きですよ」

「そこが杏咲先生の美徳だと思うけどなぁ」


――帰りたいと願う場所。

優しさが降り積もる場所で、皆と日々を紡いでいけたなら、それはきっと……。





新たな仲間(?)も加えて、ほのぼの時々ハラハラな甘くて優しい日常の続きが、はじまります。

画像タイトルを入力…