冷たくも綺麗な黒目を持つ人達

作者あみ

工藤武、工藤翔、工藤隼人―――そうして、今は亡き人々

そんな彼らの、ちょっとした物語を映し出す――











こちらは、工藤一家のその後を追った短編集です
なにか、エピソードが思いついたら、気まぐれに更新します
多分、ほかの作品みたいに毎日は更新いたしませんので、長い目で見守って下さ…


長男 工藤隼人・・・・恥ずかしがり屋で、少しおっちょこちょい。美玖の事が大好きで、彼女のために生きていると言っても過言じゃない。



次男 工藤 たける・・・・寡黙な職人気質。余計なことはあまり口にしない。妻の花奏とは仲良しだけど、仕事場が同じでよく喧

嘩っぽくなる。だけど、次の日のは何もなかったように仲直り。



三男 工藤 かける・・・・他の兄弟と違い、社交的な一面があるが、極度のヤキモチ焼き。彼女の理来が、どこかの男に取られる

ことを心配している。






冷たくクールに見えがちな『工藤』の性が付く男達

それは、愛する人の前では、黒目が大きく慈しむように愛らし物へと変わる


そんな彼らの日常を垣間見る物語








こちらは、「隣にあるもの」シリーズに登場する『工藤家』の男たちを主人公にした短編集です

思いついた時に、更新していきたいと思います

多分、更新不定期になると思いますので、どうか温かい目で見守り下さい

宜しくお願いします