臆病者で何が悪い!【完】

作者橘かすみ

本当はしっかり者でもサバサバ姉御肌でもない。ただの臆病者です――。

自分が極度に女として見られない人間なんだということを嫌というほど自覚して。毎日楽しく生きる術を身につけたと思っていた。

姉御肌女子✖️冷静無愛想エリート同期

無愛想な殻の中に、激甘な男が詰まっておりました。

つい、損な役回りを引き受けてしまう。


本当はしっかり者でもサバサバ姉御肌でもない。ただの臆病者です――。



就職して4年。


自分は「女として見られないんだ」としっかり認識したら、楽に生きることが出来るようになった。


だから、今日も、明るい笑顔を振りむく。

――たとえそんな自分に疲れる時があっても。



もう傷ついたりしたくないから。

何かを期待して落ち込んだりしたくない。

それが、毎日を上手いことこなしていく『大人の術』だから。


もう二度と、恋なんてしたくない――。



外面は元気な姉御肌

「女、捨ててますけど、何か?」

内野沙都うちのさと

×

冷静無愛想エリート同期

「いい加減、その仮面はがしたら?」 

生田眞いくたまこと




臆病者で何が悪い!

私は、私でいたいだけ。


そんな私を嫌と言うほど甘やかす。

お願いだから、私を女にしないで。