何もかも嫌になって、いつもと反対方向の電車に飛び乗った――。





大学を卒業して社会人になって、何より仕事を優先して生きていたら三十歳を過ぎていた、田中ゆかり。



今の自分みたいになりたくて、こんなに頑張って来たんだっけ。



こんな未来を描いていたのかな……。



何もかもに疲れて、

気付けば、逃げ出すように反対方向の電車に乗っていた――。



つい頑張り過ぎてしまう自分が、急に虚しくなる。