雨の庭で来ぬ君を待つ

作者橘かすみ

キミの孤独を利用したんだ――。




私は――

気付けばずっと孤独だった。

いつも心は寂しくて。その寂しさから目を逸らして生きていた。




僕は――

気付けばずっと、苦しい日々だった。

それでも、自分の人生を恨んだりはしなかった。

恨んだところで、別の人生をやり直せるわけでもない。

これが自分に与えられた宿命だと。


――そう、思えていたはずだった。


画像タイトルを入力…



孤独な二人の、静かで哀しい出会い。


そこから生まれたのは、慰め? 居場所?



それとも――。








公開 2022.7.26


※以前、他サイトで公開していたものを改稿しています。