世界を支える世界樹に宿る女神・アスナイヌトの子であるとされる「花乙女」は、全身真っ白のアルビノの紫の瞳で生まれる。
花乙女は与えられる愛情によって自身にその愛の花を咲かせて自身を彩り、やがて自身に花を咲かせ、染め上げる男性・「イヴラ」からの愛情を受け、自身をその色に染め上げ、結ばれる。
リンファス…

画像タイトルを入力…花乙女2