大和の風を感じて~運命に導かれた少女~【大和3部作シリーズ第1弾】

作者藍原 由麗

吉備の海部の娘である佐由良は、祖父からの指示で、采女として大和に行くよう言いわたされる。
そして大和にて、彼女は先の大王の皇子である、1人の青年と出会う事になる。
だが彼は吉備に対して良い感情を持ってはいなくて。

日本古代における大和の地で、主人公が運命に翻弄されていく古代ファンタジー。

吉備国海部きびのくにあまべの娘、佐由良さゆら


ある時彼女は祖父にあたる乙日根おつひねより、采女うねめとして大和の国へ行くよう、言い渡される。


大和では大雀大王おおさざきのおおきみが崩御し、臣下達は次の大王を去来穂別皇子いざほわけのおうじにと考えていた。


そして大和に辿り着いた佐由良は、そこで去来穂別皇子の弟にあたる、瑞歯別皇子みずはわけのおうじと出会う。


だが瑞歯別皇子は亡き母の磐之媛いわのひめの悲しみを見て育った為、吉備に対して良い感情を持ってはいなかった。



そんな中、彼女が仕えていた住吉仲皇子すみのえのなかつおうじが暗殺されるという事件が起きてしまう。


そしてその暗殺計画の張本人が、その弟の瑞歯別皇子だった。


亡き母の形見として受け取った、勾玉の首飾りによって導かれる運命。


日本古代における大和の地で、主人公が運命に翻弄されていく古代ファンタジー。



《時代背景》

仁徳天皇の皇子たちの時代(大和王権)をテーマに書いてます。


大雀大王→仁徳天皇

去来穂別皇子→履中天皇

瑞歯別皇子→反正天皇

雄朝津間皇子→允恭天皇



《この小説では、不思議な力を宿した物が存在します》


★運命に導く勾玉の首飾り★

大和の風を感じて~運命に導かれた少女~【大和3部作シリーズ第1弾】


★見えないものを映す鏡★

大和の風を感じて2〜花の舞姫〜

【大和3部作シリーズ第2弾】


★災いごとを断ち切る剣★ NEW

大和の風を感じて3〜泡沫の恋衣〜

【大和3部作シリーズ第3弾】