明日、雪うさぎが泣いたら

作者中嶋 まゆき

幼い頃に神隠しに遭った小雪は、その頃に出逢った少年との再会を信じていた。兄の恭一郎は反対するが、妙齢になるにつれ、小雪は彼のことを頻繁に夢に見るようになって…。






ねえ、約束。また、ぜったいに会いに来て。








雪うさぎが泣いちゃう前に。


















2020/1/19~