放課後にキス 【完】

作者嶺田 スズ

初めて見たときは、最低な男だと思った。



二度目に見たときは、馬鹿なのかと疑った。



三度目に会ったときは、確実に惹かれていた。

「先輩」


「何でしょう」


「死ね」


「うん。あと60年は欲しいかな」






"内緒ね"


そう微笑んだ君は誰よりも格好良くて、そして誰よりも最低だ。





   放課後にキス。




(好きだと簡単に言える器用な女じゃないんです)