私の弟が、弟じゃなくなった日。





いつからか、


私のことを『お姉ちゃん』と呼ばなくなった。




いつからか、じっと見られることが多くなった。




目が合うと気まずくなるのはいつからだろう。





「ねえ、気付いてるんでしょ?」





―――気付いた時には、もう遅い。