こちら鳴海心霊法律相談事務所~その除霊、異議あり!~

作者井関和美

麻衣の夢は、いつか父親のような一人前の弁護士になる事。そんな彼女が出会ったのは、“死んだ人間”=“幽霊”を弁護し、その人権を守る仕事をする皮肉屋の毒舌男だった!

佐伯麻衣、二十歳の女子大生。


物心ついた頃から何の取り柄もなく、運にまで見放されまくりである彼女の夢は、いつか父親のような一人前の弁護士になる事。だが、唯一の身内であるはずの父親は娘に「お前には無理だ」と言うばかり――。



そのような日々の中、麻衣が出会ったのは、“生きている人間”には一切興味がなく、“死んだ人間”=“幽霊”を弁護し、その人権を守る仕事をする皮肉屋の毒舌男、鳴海俊介だった。



  (完結小説)