キルラバ(kill lover) Ⅲ ―ネムリタイ― <上>

作者小蓮―シャオリェン―

裏切りと偽証で混沌に吞まれていく中、二人の男に愛されて来た。カラダと心を奪われた。『自分が愛したい最愛か?』『自分を愛してくれる最良か?』今こそ、決断の時だった






偽証と裏切りに


いちいち目くじらを立てていたら


この世界じゃ到底、生き残れない。



よく頭に叩き込みなさい。



ここは、現実と言う名の『地獄』なんだってね。



月夜に悪魔と踊ったことがある?

(ジャック=ニコルソンがジョーカー役を務めた映画バットマンより)



私はあるわ。



ボロボロに汚れて、血反吐吐いてのたうち回って、何度も死のうと思った。



でも、死ぬのは悔しかった。


それでも、生きて居たいと思った。


結局、また死のうとしたけど……。


だからさ、ほら。



お前らも、少しは地べたに這い蹲れよ。


私が道の片隅でドブネズミみたいに燻ぶって味わった屈辱を、絶望を、少しは享受してみろよ。



人生変わるからさ。



さあ復活の時が来た。




ワタシ、ホ・ン・ト・ウ・ハ……




もうちょっとネ・ム・ッ・テたかったけど。





そろそろママが起きろって五月蠅いからさ。




起きてやるよ。





一度起きたら、もう、ネムラナイ悪い子だからね。




ワ・タ・シ。









ワタシ、麗華。



実は、全然、日本人。


あんたらみたいに、台湾、中国、華僑、マフィア。


そう言ったのに、全く、かけらも所縁はないの。




だから、この名前、偽名。




あぁ、でも、本名捨てたから


今はこっちが本名だけどね。




死んだと思った?


莫っ迦じゃないの?


正気?


私が、死ぬ訳ないでしょう?


もう、失礼しちゃって、腸煮えくり返りそう。



ワ・タ・シ、あんたらみたいにガキじゃないから。



ねえ、随分楽しそうじゃない?



そろそろ、私も話に『混・ぜ・て』












作中で、血の描写や暴力表現や性的表現があります。




※今回、前作のIIより性愛表現多め※

(IIが少なかっただけで……あっでも、描写はライトです)






加えて、殺人や反社会勢力等の描写や介入もありますが、決してそれらの行為を賛美・奨励するものではありません。


苦手な方はご遠慮下さい。






ベタ惚れ/激甘/ドS/保護者/暴力的/兄妹/運命/宿命/最愛/切ない/犬系男子/狂愛/イケメン/御曹司/クール/シスコン/美少女


 


0dd130fd03e4