ファン
12

Nia.

twitterで140字小説 執筆中        ▽

自由をこよなく愛する綴り人
野いちごやノベマでも活動しております


i: 碧雲宗様
h&表紙: うの花さぶれ先生

アイコンが笑顔の時は執筆中、
眠っている時は冬眠中


*コメントのお返事やお知らせ、
作品紹介はブログにて

コメントお返事 那揆彩様へ

 初めまして。この度は、拙作「春にクロス」を手に取ってくださり、更には美麗なコメントを綴ってくださり、本当にありがとうございました。感謝してもしきれないほど、いま、胸がいっぱいです。書いてくださったコメントを何度も何度も読み返して、幸せを噛み締めています。こうして文字に起こすと、稚拙な文章しか生み出せないことが露呈していますし、そんな自分に嫌気がさすのですが、気持ちを込めて紡いでいるので、長ったらしいですが、最後まで読んでくださると幸いです。
 
 少しだけ、自分語りをさせてください。本作品は以前、携帯小説サイト、野いちご様で公開していたものとなっております(今は非公開にしています)。ですが、番外編を書こうかどうか、考えあぐねた末。結局、そのまま放置してしまい、完結はおろか、自分では納得できない状態で、燻った気持ちのまま、封じ込めていました。そんな中、魔法のiらんど様が今月末締切のコンテストを開催するとお聞きして、執筆仲間の方々にも背中を押していただいて。もう一度創り直そうと決心し、こういう形で完結することができました。苦労に苦労を重ねて仕上げた作品なので、那揆彩様に拾って頂けたこと、お褒めにあずかれたこと、この上ない喜びを感じています。また、貴方様のお言葉のお陰で、執筆の迷いが一気に晴れたこと、感謝申し上げます。新たなるステップに踏み出せるような爽快感をくださり、本当にありがとうございました。これほど、作家冥利に尽きるコメントを頂けたのは初めてのことで、どうすれば良いのかわからず、暫くの間、放心状態でした笑 筆が折れそうになった時、こちらのコメントを拝読して、初心に戻り、湊や葵翔のように前へ進みたいと思います。それくらい、私にとっては宝物なんです……

 返信のはずが、私の思いをぶつけるだけになってしまいました。申し訳ございません。感極まって、筆が乗ってしまい、この昂る気持ちを抑えきれませんでした笑 それでは、返信に移らせていただきます。

 何度読み返しても、私には勿体ないほどの美文で。思わず涙が零れてしまいました。最後に登場した脇役の美寿子の言葉をそんな風に捉えてくださり、嬉しい限りです。彼女が退院する時の話も含め、この作品はシリアス過ぎる、と個人的に思っていました。青春小説にしては、かなり重すぎるのではないか、と。それなのに、「言葉が美しい」などなど、私の喜ぶツボを全て押されていて、浮き立っております。

 私の作品に出会ってくださったきっかけが、まさか朝比奈ヨウ様の貴著「ゴミみたいな世界で、俺とお前。」だったとは……驚きを隠せません。そして、そのコメントも絶賛してくださり、ありがとうございます泣。那揆彩様のように、私もどなたかの心の支えになるような文章を紡ぎたいと思っております。それくらい、貴方様の書かれたコメントには丁寧な心遣いと熱い思いがこもっていて、莫大なエネルギーを一度に頂いたような心地にさせられました。

 また拙作を読んでくださるだなんて。嬉しすぎて飛び跳ねそうです。隠れた名作だなんてとんでもないです……もう、本当にありがとうございます。ありがとうございます、しか言えない自分の語彙力の無さには呆れるばかりですが、それ以上の言葉が見つかりません。

 続編ですか!? それは、毛頭考えておりませんでした……。実は、先ほど申し上げました通り、こちらはリメイク作品ですので、具体的に申し上げますと、湊と葵翔がプールに行く箇所なんかは、付け足したものとなっております。そんな感じで、自分の中では完全に終わらせていた物語だったので、驚きを禁じ得ません。でも、そこまで言ってくださるのなら、いつかまた、彼らの物語を書けたら良いな、と感じております。ただ、本当に書くとなると、亀更新ですので、下手したら五年後、十年後とかになるかもしれません泣。長編になるか、ショートストーリーになるのか。全然予測ができない状態です。我儘を申し上げているのは百も承知ですが、ご理解のほど、よろしくお願いいたします……。ただ、彼らの未来は読者様に託そうと考えております故、湊がその後どうなったのか、などは書けなくて。頑固で申し訳ありません。もしも書くのだとすると、彼らの小学生時代の話になるのではないかな、と。なんだか初々しすぎて、魔法のiらんど様の作品のテイストとは絶対合わない気がしていますが……それでもよろしければ、綴らせていただきます(小声)

 全然迷惑ではありませんでしたよ!? 本当に本当に嬉しかったですし、寧ろ、私の方こそ、歓喜に震えあがり、要約が全くできず、長文となってしまいました……。申し訳ありません泣
 
 こちらこそ、本当にありがとうございました。これからも少しずつ、無理ない程度にノロノロ更新をさせていただきます。その時は、温かい目で見守っていただけると幸いです。長文失礼しました

コメント

ログインするとコメントが投稿できます

  • 那揆彩

    すみません、2つに分裂してしまって…編集できると思っていたら出来ませんでした…お恥ずかしい!まあそんなところでMia.様の二作品は本当に素晴らしかったです!!どちらともMia.様らしい爽快で温かいお話でした。私なんかの文章を美麗とは本当にお優しいのですね…勿論作品からもMia.様の温かなお人柄がにじみ出ておりましたが。本当に、私なんかのちっぽけなコメントにその様な力があったのであれば、いくらでもコメントさせて頂きます。
     「春にクロス」の続編に関してですが、Mia.様の中で完結となっているのであれば、こうして丁寧にご説明まで頂いている上に私の中でもきちんと区切りはついておりますので勿論構いません。5,10年後あたりに続編が続いたら超らっきー!!というあたりにしておきますので♡わざわざ本当にありがとうございます。

     またまた長文になってしまいましたが、私自信もMia.様のこの丁寧なご返信がとても嬉しく、今でもその喜びを噛み締めているところです。もう、宝物ですよ、本当に。
     これからも勿論応援しています!お体にお気を付けて、無理をなさらない程度に頑張って下さい。素敵な作品とコメントを、どうもありがとうございました(=^・^=)

  • 那揆彩

    私が拙い文字で綴ったコメントを、その様に受け取って下さるとは夢にも思っていませんでした。こうして丁寧で心のこもった返信をして頂けて、大変感激しております。実はまだ学生の身で、できるだけ気を付けているのですが、文としておかしいところもあるかもしれません……その点につきましては本当に申し訳ないのですが、そんなことを言える立ではないかもしれませんが、どうか見逃してください!!……少々話が脱線してしまいましたが、Mia.様の二作品は本当に素晴らしかったです…!