ファン
19

汪海妹

ワンハイメイ

2019年の夏頃より小説を書いています。

自分の創作のスタートは少女漫画的な、で、幼馴染の恋愛が処女作でした。それが、私の気の向くままに筆が進み、恋人同士の横に親子や兄弟、姉妹等の家族が出てくるようになりました。また、ある時には仕事を通じた人間関係を書いていることもあります。
テイストは深刻な場面では真面目で泣けるのですが、同時にお茶の間コメディのようなお笑いを書くのが好きです。笑えてちょっと…

おはようございます( ´ ▽ ` )

今週、既刊お読みくださった方、しおり、スタンプくださった方、ありがとうございました。

m(_ _)m

また、ファン登録、ありがとうございます。^^

今後の投稿及び執筆予定です。

8月 あなたを愛しています 短編 投稿済
   mission code#HI 短編 執筆中 0.9万
9月 きみどりに始まりふかみどりに終わる② 執筆予定
10月 同上

日本はお盆ですよね?
こちらはお盆はないのですが、週末で海に来ていました。
何年ぶりだろ?水着を買って、自分も海に入り、

「お母さんはかつて河童だった」

とうそぶき、息子の浮き輪にちゃっかり、それでも、捕まり、
そして……
バランスを失って海の水をしこたま飲みました……。
しょっぱかったな、当たり前か。

やれやれと丘に上り(主人まで海に入って来て、浮き輪を3人で使うという状況になってしまったので)、
おばあちゃんの横で海水浴場の監視員のように仁王立ちしていると、

「○○(本名)、海の水はしょっぱいのか?」

おばあちゃん、そこからですか?
とびっくりしたが、顔色を変えずに答える。

「しょっぱいよ」
「そうか、○○(息子の名前)がさっきしょっぱいしょっぱいと言っていたから、そうなのか」

海無し県の出身で、しかも中国の県の大きさは日本の比ではないからな。
子供の頃は海で遊ぶなんてしなかったし、大人になっても水着で海に入ったことはないんですよ。
おばあちゃんの世代はなぁ。

日本人はカッパが多いからな。島国だしな。

太陽で日に焼けることを蛇蝎の如く嫌う中国人、(私の知ってる中国人は大体そうです)夕方から海に入り、夜まで泳ぐのだよ。我々も夕方の6時から7時くらいまで海に浸かってた。

いや、寒かった。海水で濡れた体を海風になぶられると寒い。
温もるために海に入る。やれやれ。

黄色人種は日に焼けたって、皮膚癌になったりしないだろう?
ま、でも、最近はオゾンホールの問題もあって、紫外線は昔より凶暴だからなぁ。

浮き輪を貸してもらって、砂遊びしている息子を遠目に見ながら、ただ海に浮かびました。
波に翻弄される漂流物の役をやってみた。

いや、気持ちよかったな。

一面空と海しかないわけです。これはね、都会と工場を行き来し、同じものばっか見ている人間にはちょっとよかったよ。疲れているからこそ、ただ、空と海だけ眺めるだけの時間が貴重なのです。

そして、最終的に波に押し出されてザバァと砂浜に背中がつく。
ここでさっさと立たないと海水をまた飲むハメに。

朝ご飯だってさ。
それではみなさま、良い週末をお過ごしください。
汪海妹

コメント

ログインするとコメントが投稿できます

まだコメントがありません