不完全な私だからこそ不完全なこの世界で生きる事が出来るのだと思う。「大丈夫、痛みなんて時期に感じなくなるよ。多分、ね」不完全な私だからこそ不完全な貴方を肯定出来るのだと思う。狂気と激情を宿した男の濃褐色が私を見下ろし、冷たい指先が私の喉仏を確実に捉えた。その瞬間、私は貴方に、歪む。








画像タイトルを入力…
















※こちらは【下】です。【上】の続編です。


※物語が進むにつれて性的描写、もしくは性的要素等が多く含まれていきます。18歳未満の御観覧は御遠慮下さいますよう宜しくお願い致します。


※沢山の心温まるコメント有難うございます。一つ一つ目を通し、大切に保管しております。


※悪質なコメントにつきましては削除せず全て保存するようにしております。誹謗中傷や一般的に不適切だと判断した場合にはそれ相応に対処致します存分ですので宜しくお願い致します。


□ Twitter (@Rukako_R)

小説関連。気が向いたら短編等。勧誘アカウントからのフォローを避ける為、フォローを下さる際には御手数ですが一言添えて頂ければ幸いです。