自分に生きている価値はなくて、それでもまだこの時を生きていたくて。「俺と殺し合うのか」───無我夢中になりたくて犠牲にしたのは、 "記憶" 。跡形もなく消え去ったモノをどうやって繋ぎ止めろというのだろう。



壊れきったもう一人の自分自身を

一体どうして愛せるというのだろう。


「どんなやり方で "お前" は消された」


お願い、だから、

隠した心に、触れないで。




画像タイトルを入力…








※物語が進むにつれて性的描写、もしくは性的要素等が多く含まれていきます。18歳未満の御観覧は御遠慮下さいますよう宜しくお願い致します。


※悪質なコメントにつきましては削除せず全て保存するようにしております。誹謗中傷や一般的に不適切だと判断した場合にはそれ相応に対処致します存分ですので宜しくお願い致します。


□ Twitter (@Rukako_R)

小説関連。お手紙、レビュー、コメント等の返信を行っております。勧誘アカウントからのフォローを避ける為、フォローを下さる際には御手数ですが一言添えて頂ければ幸いです。