今宵、人喰いの冷たい唇で。

作者る、かこ。

女を買ったのはこの世のものとは思えないほどの美しい男。「──精々愉しませろよ、六花」、この男の冷たい唇が首筋に触れた時、私はこの男が何故 "人喰い" と恐れられているのかを理解した気がした。






画像タイトルを入力…


心浸す常闇に沈んで、啼けよ。









※短篇です。

不器用を通り越したクズです。ご注意を。