最果てシンドローム

作者しんのすけ

逃げて逃げて、逃げたその先にあったもの。



あの時の彼は


誰よりも死にたがっていた。





走り出したくなる



逃げ出したくなる




何もかもを捨てたくなる




そんな衝動に駆られているのは



何も私だけではなかった。





愛は依存なのか


依存が愛なのか




私たちは今、本当に生きているのか








「俺も時々分からなくなるよ」




「そういう時はアレでしょ」







あの時の私たちは、


きっと誰よりもちゃんと生きていた。