彼の両腕にあるそれは、一体何を隠そうとしているのだろう。



「その手は何のためにあるの?」





危ない男に惹かれるのは十代までだと思っていた




なのにどうしてだろう




初めてその目を見た時、



“今までずっとどこにいたの”と


思わず問いたくなるほど、


私はずっとあなたに会いたかったような気がした




別に探してなんていなかったくせにね、









失った幸せと引き換えに舞い込んできたのは、


寂しさにまみれた一人の男でした







「さぁ、人を殴るためとか?」





彼はまだ気付いていない


自分の両手がこんなにも温かいこと。