銀の瞳の暴君は千年族に恋をする(小説版)

作者タカツジ カエデ

ハーディス王国48代目、ナギリは、銀色の瞳と中性的な美貌で人々を魅了し、何人もの配偶者候補を囲っている王であった。
ある日、幼い頃謀反を起こされ命の危機にさらされた時、守ってくれた「千年族」、その名も”青銅の蝋燭立て”という黒髪の男に再会する。
人間の十分の一の速さで心臓が鼓動するため、十倍長生き…

ハーディス王国48代目王、ナギリは、魔性の銀の瞳と中性的な美貌で人々を魅了し、何人もの側室を囲っていた。


ある日、幼い頃謀反を起こされ命の危機にさらされた時、守ってくれた「千年族せんねんぞく」、その名も”青銅せいどう蝋燭立ろうそくたて”という黒髪の男に10年ぶりに再会する。


人間の十分の一の速さで心臓が鼓動するため、十倍長生きをする千年族。

命の恩人である彼と久々に過ごし、生まれて初めて心からの恋をするが―――。


王の想いには応えられないと、去ってしまう青銅の蝋燭立て。

しかし彼は、王を愛する代わりに、ハーディス王国の敵を一人孤独に倒していた。

形は違えど、深い愛で守られていたことに気がつくナギリ。


王国を守り、子孫を残さねばならない王としての使命と、種族の違う彼への恋心に揺れる、せつない恋愛ファンタジー。


※こちらは魔法のiらんど大賞コミック原作大賞BL部門にもシナリオ応募してます。

「銀の瞳の暴君は千年族に恋をする(コミック原作大賞用)」

https://maho.jp/works/15591670281201300568