私はこの町で独りぼっちで暮らしている。両親は何年も前に死に、誰も私を気にかけてくれる人はいない。そんな私に、一人の味方が現れた。たった一人だけ、けれども誰よりも私のことを気にかけてくれるヒーロー。彼だけで良い、彼だけが良い。