悪女だというのなら

作者玲瓏

悪女の少女が選んだのは自殺だった。それを止めたのはとある男で…?
悪女とされた少女とヤクザの男のシンデレラストーリーを目指しました。

悪女だと、誰もが言った。




私のことをみんな、そういった。




大切な人たちは、みんな、私を悪女だと罵った。




大好きだった場所は地獄に変わった。




苦しい、辛い、そんな感情さえも、悪女の私には許されなかった。











※この作品はフィクションであり、現実の団体とはなんの関係もありません。自己満足作品ですので、誹謗中傷は受け付けません。

関西弁は間違い等あると思いますが、読み流していただけると幸いです。