捨てられた女は帝王の腕に抱かれて【編集済み】

作者玲瓏

権力を持つ家の娘に嵌められて、家族に捨てられ、恋人も奪われて、何もかもを失った阿藤日和。住んでいた町に住めなくなってしまい、着の身着のままで追い出された日和は、とある街に流れ着く。そこで出会ったのは夜の帝王と呼ばれている男だった。

お金は裏切らない。



でも愛は裏切る。



私には愛なんていらない、お金さえあればいい。



一人で生きて、一人で死んでいく。



それでいいと、思っていた。



※この作品はフィクションであり、現実の団体とはなんの関係もありません。自己満足作品ですので、誹謗中傷は受け付けません。現在は編集済みですが、別サイトであるエブリスタ様にて別名義で同タイトル、内容を少し過激にしたものを公開中です。