『マタタビ侯爵の愛し方 政略結婚の旦那様なのに、不本意ながら「好き」が止まりません!』魔法のiらんど大賞2021受賞者に聞く!書籍化体験レポート

https://storage.googleapis.com/blog-info/entry/2022/07/2207-matatabi_ogp2.jpg

魔法のiらんど大賞2021 小説大賞 特別賞受賞作
『マタタビ侯爵の愛し方 政略結婚の旦那様なのに、不本意ながら「好き」が止まりません!』書籍発売記念!

魔法のiらんど大賞2021受賞者に聞く!
書籍化 体験レポート

もし、コンテストに受賞したら……!? 書籍の編集作業って一体どんなことをするの?

魔法のiらんど大賞2021の受賞作『マタタビ侯爵の愛し方 政略結婚の旦那様なのに、不本意ながら「好き」が止まりません!』が7月29日に角川ビーンズ文庫より発売!

本作は、魔法のiらんど大賞2021受賞作からの書籍化「第1号」! そこで今回は、作者・染椛あやるさんやビーンズ文庫編集担当者に受賞から書籍発売までの経緯を詳しくインタビュー致しました!

■プロフィール

著者: 染椛あやる

9月生まれ。中部地方の田舎在住。
魔法のiらんど大賞2021 小説大賞<恋愛ファンタジー 特別賞>を受賞。受賞作を改稿・改題した書籍『マタタビ侯爵の愛し方 政略結婚の旦那様なのに、不本意ながら「好き」が止まりません!』を2022年7月29日に刊行。

maho.jp

1.『マタタビ侯爵の愛し方 精霊令嬢は愛し子な旦那様がお好き?』はどんな作品?

――『マタタビ侯爵の愛し方 精霊令嬢は愛し子な旦那様がお好き?』を執筆されたきっかけと、受賞時のご感想を教えてください。

染椛あやる

最初は漠然と精霊が出てくる話が書きたいと思ったのが始まりだったと思います。ヒロインを精霊側にしたのは、単純に自分が訳ありヒロインが好きなためです。あとはヒーローを精霊の愛し子にするのも面白そうだなと。この頃、ヒーローがヒロインを命懸けで助ける展開に飢えていた(笑)ので、理想を自分で書くことにしたというのもあります。

受賞したときは本当に驚きました。作品数も多く、あわよくば最終に残って選評がもらえればラッキーくらいにしか考えていなかったので、しばらくは夢のような感覚でした。

――『マタタビ侯爵』を選出したポイントや、作品の魅力を教えてください。

編集担当H

今作は、キャラクターの魅力が評価され受賞に至りました。
品行方正で高嶺の花とも呼べる伯爵令嬢と、皆の憧れの的である騎士団長。政略結婚をした2人は一線を引いた付き合いをしていくはずが、ある事件を境に完全にペースを乱されてしまいます。それぞれ一生懸命に相手と向き合い、お互いに惹かれていくのに、なんだか空回ってしまう2人がもどかしく、愛おしい。選考の過程からキャラクターたちに夢中でした。

2. 書籍化作業をはじめる前に…

――これまでに書籍化されたご経験や、作業をはじめる前のお気持ちを教えてください。

染椛あやる

今回が初めての書籍化です。本当に、本当に嬉しいです。 ただ、私の場合はもともと知識があったので、作業に関するイメージに特別なものは抱かなかったです。実際やってみると、体力いるな!と感じたくらいです(笑)

――書籍の編集にあたって、作者さんにはどんなご提案をされましたか?

編集担当H

タイトルにもある通り、今作は、ヒーローが「マタタビ」のごとくヒロインを惹きつけてしまう体質が物語の前提となっています。そのため、ヒロインの本能と理性の切り替えの表現については、都度ご相談しながら改稿案をいただきました。
また、2人のラブを沢山読みたいです!というのはリクエストさせていただきました(笑)。

3. 書籍化するまでの流れ

――書籍が出来上がるまでには、いったいどんな作業をするのでしょうか?

編集担当H

主に以下の流れで作業が進んでいきます。

1)打ち合わせ

改稿やイラスト、カバーデザインの方向性のご相談をします。
今回はコロナ禍中の準備かつ、染椛さんのお住まいと弊社に距離があったので、お打ち合わせはお電話とメールが主でした。

 ↓
2)作家さんの改稿作業・入稿

数回の改稿を経て、原稿を印刷所に入稿。
ゲラ(校正用の印刷物)が出て、校正作業に入ります。

 ↓
3)ゲラの確認・赤入れ作業

校正者や編集者からの指摘が入ったゲラを作家さんのご自宅に送付。
作家さんはそれを確認し、赤入れ作業をして編集部に返送します。

 ↓
4)イラスト・カバーデザインの確認

内容に相違がないかご確認いただきます。

 ↓
5)校了!

発売の2週間ほど前に見本を確認。全国の書店へと搬入されます。

4. 書籍化作業を体験した感想は?

――作業の中で、嬉しかった点や苦労した点など、印象に残っているエピソードがありましたら教えてください。

染椛あやる

嬉しかった点は、自分の作品を面白いと他人に評価してもらえたことでしょうか。そういう機会があまりなかったので、自信にも繋がりました。そして、もっともテンションが上がるのは、キャララフや表紙などイラストをいただくときです。自分の物語に絵がつく喜びに勝るものはありません。

苦労した点は、校正さん関係でしょうか。ある程度本文の修正が終わると校正という日本語や文章のルールなどを確認してくれる方のチェックがあるのですが、こちらが注意していても指摘を多々受けます。大変な作業でしたが、こういう縁の下の力持ちさんたちの協力もあって、世の中に本が出版されるんだなと、改めて感じる瞬間でもありました。

――出来上がった書籍がお手元に届いた時のご感想を教えてください。

染椛あやる

実は、一通り作業が終わり、残すは印刷だけという頃くらいから見本が届くまで、ずっとそわそわしていました。届いた日は、上機嫌な様子が自分でもわかるほど饒舌になりましたね。特にイラストはデータでのやり取りが基本だったので、印刷され、きれいに製本された姿には感動もひとしおです!

マタタビ侯爵の愛し方 政略結婚の旦那様なのに、不本意ながら「好き」が止まりません!

→発売前に染椛さんのお手元に届いた見本。

――今後の執筆活動の抱負をお聞かせください。

染椛あやる

せっかくここまで来られたので、引き続き書籍化を目指して執筆していきたいです。今回は恋愛ファンタジーでしたが、他のジャンルにも挑戦していきたいと思っています。そんな中で、自分にしか書けないものをエッセンスとして加えながら、少しでも多くの人に面白いと感じてもらえるような物語を書いていきたいです。

――インタビューにお答えいただき、ありがとうございました。

『マタタビ侯爵の愛し方 政略結婚の旦那様なのに、不本意ながら「好き」が止まりません!』

マタタビ侯爵の愛し方 政略結婚の旦那様なのに、不本意ながら「好き」が止まりません!

著者:染椛あやる イラスト:Shabon

魔法のiらんど大賞2021 小説大賞〈恋愛ファンタジー部門 特別賞〉受賞作

侯爵家当主のアリステアと政略結婚をした、伯爵令嬢エメラリア。
2人の間に愛はなく、乾いた結婚のはずだったが……
ある日、アリステアがエメラリアの「愛し子(=マタタビ!?)」になってしまい!?

突如輝きだした旦那様の魅力に抗えず、毎日がドキドキの連続!
おまけに、「お前とこうしてるだけで癒やされる」って
旦那様の甘さも日々増していて――

私の新婚生活、どうなるの!?
純度100%のじれじれラブファンタジー!

▼書籍を購入

▼レーベル公式HP

beans.kadokawa.co.jp

めざせ書籍化!
魔法のiらんど大賞2022開催中!

KADOKAWAから過去最多45レーベル・編集部が選考!
「魔法のiらんど大賞2022」小説大賞&コミック原作大賞開催中!
応募締め切りは【2022年9月30日(金)18:00】

詳しく見る