Twitter企画「#そこには確かに愛がある」結果発表

https://storage.googleapis.com/blog-info/entry/2020/06/twibu-sokoai_ogp.png

Twitter企画「#そこには確かに愛がある」へのたくさんのご参加ありがとうございました。


maho.jp



「そこには確かに愛がある」と感じる言葉、場面...、を切り取って描いてみようという今回の企画。1週間ほどの短い企画ではありましたが様々な作品が集まりました。
作品によって、愛の向かう先、愛そのものの形・姿、その状況は様々、しかしどの作品にも確かに愛がありました。

今回はその中から編集部がグッときた10作品を紹介します!





グッときた作品10選


▶ 年上男子の愛で賞


「ちょっとした言葉や仕草に込められた愛に時間差で気づいたとき、その愛がより熟成して届くように感じました。彼女が彼の愛に気づいた瞬間を想像して、胸がキュンとします」(編集部A)



▶ 人参と母の愛で賞


「内にいると気が付かない、外に出て初めて気が付く。自分はどうしようもなく愛されていたのだと。ただの人参ひとかけら、しかしそこに込められた親から子への無償の愛にぐっと胸をつかまれました」(編集部M)



▶ とてもやさしい愛で賞


「考えたことがある人も多いのではないかと思う、悲しい想像のその先と向き合った作品。この作品が、孤独な誰かを癒すのではと感じました。投稿画像も小説の雰囲気に合っていて美しいです」(編集部A)



▶永遠の愛で賞


「文章、それどころかセリフもない、絵だけで表現するその斬新さ。今までにない表現はとても新鮮です。目は口ほどに物言うとは言いますが、描かれているキャラの表情や動きがお互いへの深い愛情を雄弁に語っていました」(編集部M)



▶ 作者とヒロインの絆で賞


「作家と作中のヒロインの関係を描く斬新なアイディア。ヒロインが物語世界の外に飛び出すのか、作家の手を通じて世界を変えるのか。思わず創作について考えてしまう、スリリングな展開でした!」(編集部A)



いつだって愛は溢れてるで賞


「いつもは気にも留めない景色がとてつもなく美しく見え、それがどうしようもなく幸せに感じる瞬間。切り出されたワンシーンの中で踊るように描かれた少年少女、それらを通して純粋で透き通るような愛が描きだされていました」(編集部M)



▶ そこには確かに愛があったで賞


「実際の経験を綴った生々しくも瑞々しい物語。特に後半は作家の心情を記録するように綴られていて、あの日あの時間を追体験する心地でした。勇敢に最後まで綴っていただきどうもありがとうございました」(編集部A)



▶ 触れた指先に愛を込めたで賞


「時間とともに少しずつ変化するお互いの関係性と愛の形や深さ、それらが「触れた指先」とそこに乗せる感情を通して美しく描き出されていました。指に触れるという些細な行動、しかしそこに込めた想いやそこから伝わる想いは言葉以上に雄弁なのかもしれません」(編集部M)



人知れず咲く愛で賞


「静謐で成熟した魅力のある作品でした。書き手の場面を切り取る視点に、鋭いセンスを感じます。冒頭と物語の着地が大変美しく、また、愛の描き方が印象的でした」(編集部A)



▶ 日常に潜む刹那の愛で賞


「他者への寛容と許容、他者との調和と共有、これらはお互いへの信頼と愛情のもとに成り立つ奇跡といえるのかもしれません。日常に散りばめられた奇跡の粒子、刹那な愛が美しく描かれていました」(編集部M)






みなさんから投稿された作品はTwitterでモーメント、あるいはTwitter上で#そこには確かに愛がある と検索していただけるとみることができます。ぜひ「そこには確かに愛がある」作品を読んで感じてみてくださいね!

  • 「そこには確かに愛がある」モーメント▶▶▶コチラをクリック!

Twi部では、今後もみなさんが楽しんでいただけるような企画を開催していきたいと思っています。 企画を楽しんでいただけると同時に、企画がみなさんにとっての創作の一助になっていれば幸いです。

次なる企画は何か...、みなさんお楽しみに!