一人の王様は退屈な毎日を過ごす中、両親に捨てられた少女と出会う。退屈しのぎで少女を飼うことを決めた王様は、世話をしていくうちに……。












「お父さんに、なってくれるの?」




言葉もろくに知らない女は、

そう言って俺の事を見つめていた。









この作品はフィクションです。

作品内に登場する人物名や、団体名は実在するものと一切関係ございません。










□いつも素敵なコメント、貴重なご意見、沢山のスタンプを押して下さり、本当にありがとうございます。物語が完結した後は後日談(SS)というものを追加する予定です…。