自分に振り向かない女を想い続ける男、夜の海に魅せられながらも男との関係を手放せない女。二人の男女の互いを想い合う胸の内を描いた切ないラブストーリー。








この永遠に終わらない愛だけになってしまったならば、

彼女はきっと、夜の海に入水自殺するに違いなかった。

ならば俺は、彼女を陽の光のもとに繋ぎ止める役になろう。

それがたとえ仮初の愛でつながれていた仲だとしても、

貴女が笑ってくれるのならば。