食欲旺盛な魔王が、絶滅した竜の種族の最後に一つ残った卵を食べる話です。

※カクヨム様にも掲載しています。

 ソヴァロは赤竜の卵の濃い風味に舌鼓を打ち、その味に暗い喜びと恍惚を覚えて微笑んだ。

 赤龍はあの一頭の他には生きてはいないから、一つだけ残された卵を食べることはその未来を永遠に奪うことでもあった。



カクテル