――夢と現実の境目はどこにあるのか――少年少女は微睡みながら、幾つもの叶わぬ淡い恋の終わりを視る。運命に翻弄される二人が最後にたどり着くのは、どちらの世界?







悲恋、悲恋のその先で、




たどり着くのは、一体どんな結末?






「最期まで傍にいてやれなくてごめんな…」






「貴方さえ生きていてくれれば、



それだけで私は幸せよ」






「先に行って待ってるよ。



なるべくゆっくり来いよ。寂しいけど」






「一緒に行きましょう。



はじまりが一緒なら、



おわりも一緒であるべきよ」










「「次こそは、幸せになろう。



…愛してる」」








さぁ、『次』にたどり着くまで、



微睡み続けよう。








c0f8709295cf


【ニゲラ(Love-in-a-mist)】



花言葉:「当惑」「夢の中の恋」



「夢の中で逢いましょう」