【後編】テーマ別にオススメ作品をご紹介! 「小説企画Novelite」が帰ってきます!

https://storage.googleapis.com/blog-info/entry/2020/05/20200508-novelite-ogp.png

 
みなさま、Novelite企画復活への温かいコメントをありがとうございます! 
編集部もどのような作品が集まるのか、今からとても楽しみな本企画。

5月下旬頃ピックアップ予定の初回募集テーマは「悪役」です。

新作はもちろん、テーマに沿っていれば既に公開している作品でのご応募も大歓迎! 
ご自身のBOOKに『悪役』のタグを設定するだけで応募完了です。みなさまからのご応募、お待ちしております。

 
それでは【後編】の今回も、過去のNovelite企画で人気だった小説テーマ&オススメ作品をご紹介していきます。

 


 
 
Novelite企画 これまでの人気テーマ&オススメ作品ご紹介 【後編】 (2016年~2019年実施テーマより)

 
 
【テーマ 結婚

「おまえしかおらんわ」 
愛してるとか言わないで/著者:minami

◆オススメPoint 
「惚れたとかロマンチックな話やのうて堪忍な」「別に期待してないもの」 
惚れたとか好きだとか、ましてや“永遠の愛”なんて、誓っても何のメリットもない。相手を縛るだけの誓いなんて、必要ない。すがすがしいほどに割り切っているふたりの結婚&同居生活。けれどお互いのことを知るうちに少しずつ変化があらわれ……。 
仮面夫婦は大前提。相手に期待するのは“名演技”。真剣になったら負け、惚れたら負けのこのゲーム――負けるのは、どっち? maho.jp  

 
【テーマ THE王道SP

「『助けて』って言え。これはお願いじゃねえ、命令だ」 
Leaving orange1【完】/著者:梓 鹿乃

◆オススメPoint 
塾に遅れるわけにはいかない主人公・美和は、無謀とも言える方法で不良チームのトップ・統牙(とうが)にバイクを出させることにまんまと成功。もう二度と顔を合わすことはないと思っていたのに、去り際、彼はニヒルに笑った――。 
挑発?嘘つき?喧嘩?いや、これは交換条件。すべてを見透かすように笑い、俺様ながらも時に手を差し伸べてくれる統牙は、王道ド真ん中で胸キュンの連続です! maho.jp  

 
【テーマ 拾いました・拾われました

「今、俺が握ってるのはお前の手じゃない。お前の命運だよ」 
イノセント・エリア/著者:雛 ヒナ子

◆オススメPoint 
私の手を掴み上げた美しい青年は、邪気無く笑ってとんでもないことを言い放った。 
「生きて――、俺と××××しろ」 これが私と祈(いのり)という男の、そして私の「生きる理由」のはじまり――……。 
閉鎖された空間で行われる好奇心からの触れ合いは、やがてお互いの“欲”を乗せたキスへと発展していく。でも、“気持ち”を乗せるのは許されなくて……。冒頭、強烈なセリフの数々にどんな物語が始まるのか――?とワクワク。ワクワクはそのままに、二人の純粋さ故の依存、脆さ、独占欲などの要素に、読み進めるうちにハラハラ。今後の展開が見逃せない一作です! maho.jp  

 
【テーマ 俺様・S彼

「…そんな顔されると、放っておけねーよ」 
貴方 を 呑む。【完】/著者:Liz

◆オススメPoint 
“私が我慢すればいいんだから――”  家庭環境や過去のトラウマも起因して、いつもどこか引け目を感じながら生活している雫(しずく)。初見の印象最悪だった香坂(こうさか)は、分かりにくい優しさで幾度も彼女に寄り添ってくれるが、その矢先に雫の“トラウマの元凶”ともいえる人物が現れ……。 
香坂の言葉や態度は高圧的ですが、傷つけようという意図は決して感じられないイイ男です。それゆえに彼の良くない噂と切なげな瞳の理由が気になります。雫のトラウマと香坂の過去、これらがどう絡み合って物語が展開していくのか、目が離せません。 maho.jp  

 
【テーマ 人ならざる者との恋

「だから いくなって いったんだ」 
阿久良大さん早く出て行け/著者:千華 チカ

◆オススメPoint 
金縛りにあう。布団の中から覗いている窪んだ空虚な眼と目が合った。 肩に乗られる。ずっずっと何かが這いずる音と呻き声も聞こえた。この気色悪いばけものは、何となくだが、男であるようだ。しかも、構ってちゃんの彼氏のように、面倒な男――。 
終始テンポの良い展開が、あっと驚くラストへ軽快に導いてくれます。「あ゛あ゛ぁ゛ぁ゛あ゛あ゛」という呻き声にキュンとする日がくるなんて……!! 是非何度も読み返して欲しい作品です。 maho.jp  

 
【テーマ オフィスラブ

「僕は花開くのが楽しみで、可愛い蕾にただ水をあげているだけだよ」 
キザヤマ先輩/著者:馳可あわ

◆オススメPoint 
「瀬戸さん。いや、瀬戸内海の美しいお姫様。何もせずに諦めるのは、もう、やめにしない?運命に捕らわれないで。さぁ、その高い塔の中から出ておいで」 
……一字一句違わず、作品中の先輩のセリフを抜き出しました。部署決定の面接時、突如始まったイケメンによる演劇。本人は満足げ、周りは目がハート。ここで主人公・瀬戸美姫ちゃんと気持ちがシンクロしました。『どえらいキャラに出会ってしまったぞ』と……。 
仕事は完璧! 妹思い! イケメン! でもキザ! そんなキザヤマ先輩の突飛でユニークなキャラクターは、リアリティ溢れる仕事の描写のおかげで、過度に浮くことなく楽しく、随所でキュンとしながら読み進められました。気持ちが塞ぎがちの今読んでほしい、明るく楽しいオフィスラブ! maho.jp  

 


 
 
▼【前編】はコチラから!

maho.jp