Twitter企画「#キャッチコピーらんど」結果発表

https://storage.googleapis.com/blog-info/entry/2020/04/copylandcon_bnr.png



Twiらんど部プレゼンツ「キャッチコピーらんど」へのたくさんのご参加ありがとうございます。みなさん楽しんでいただけましたでしょうか?


maho.jp



自分の作品にキャッチコピーを付けて紹介しようというこの企画。短い期間での開催ではありましたが、150件以上の投稿がありました。どのキャッチコピーも、それぞれ個性があり、短いフレーズの中に溢れんばかりの魅力が詰め込まれていました。
そんな素敵なキャッチコピーの中から、特に編集部が「ぐっときた」作品、10個を選出させていただきました。






▶桜樹 璃音さん

https://storage.googleapis.com/blog-info/entry/2020/05/1.png


編集部R「言葉から伝わってくる迫力。句読点で区切られた言葉、一言一言が胸に刻まれるような感じがしました」

▽作品はコチラ

maho.jp



▶かづきさん

https://storage.googleapis.com/blog-info/entry/2020/05/2.png


編集部A「鮮烈な出会いを感じさせるインパクトのあるフレーズでした。レトリックとしても好きです」

▽作品はコチラ

maho.jp



▶なむるさん

https://storage.googleapis.com/blog-info/entry/2020/05/3.png


編集部A「ドキッと心に引っかかりました。主人公の人間性が伝わってきて、もっと知りたいと思わせます」

▽作品はコチラ
maho.jp



▶鳩葉 きゃらめるさん

https://storage.googleapis.com/blog-info/entry/2020/05/4.png


編集部R「まさにキャッチー、短いフレーズながら好奇心を大いに掻き立てられました」

▽作品はコチラ

maho.jp



▶生乃 紬さん

https://storage.googleapis.com/blog-info/entry/2020/05/5.png


編集部R「目に浮かぶような情景、恋の甘さもほろ苦さも詰め込んだような美しいキャッチコピーです」

▽作品はコチラ

maho.jp



▶名瀬口にぼしさん

https://storage.googleapis.com/blog-info/entry/2020/05/6.png


編集部A「可愛いモチーフとタフなモチーフの組み合わせにわくわくします。読書欲をそそられました」

▽作品はコチラ
maho.jp



▶浅美あこさん

https://storage.googleapis.com/blog-info/entry/2020/05/7.png


編集部R「ぎゅっと胸をつかまれるような切なさを感じずにはいられませんでした」

▽作品はコチラ
maho.jp



▶星紗さん

https://storage.googleapis.com/blog-info/entry/2020/05/8.png


編集部A「恋は落ちるもの。それが主人公に出会うまで、誰にも拾われずにいたんだと、背景を感じさせる表現でした」

▽作品はコチラ

maho.jp



▶かのこさん

https://storage.googleapis.com/blog-info/entry/2020/05/9.png


編集部A「キラキラと勢いのある一文に、作者のセンスを感じました。脳内に映像が浮かんできます」

▽作品はコチラ

maho.jp



▶牡丹さん

https://storage.googleapis.com/blog-info/entry/2020/05/10.png


編集部R「少女としての華やかさその儚さ、そして妖艶さがぎゅっと凝縮されたようなフレーズ。まるで読むことを誘惑されているような気持ちになりました」

▽作品はコチラ
maho.jp




みなさんから寄せられたキャッチコピーは、Twitterでモーメントにまとめております。そちらから一覧で見ることができます。また、#キャッチコピーらんどと検索していただいても見ることができます。

モーメント

キャッチコピー、それは読者の注目を集めるきっかけであると同時に、作品をより魅力的に見せてくれるものだと思います。しかし作品の魅力を伝える方法はこれだけではありません。作品を意図する導入部であり、本文前のドキドキ感を掻き立てるものとしてプロローグがあります。

只今、魔法のiらんどでは「魅せるプロローグ」企画を開催しております。作品の魅力をまた違ったカタチ、プロローグで伝えてみませんか?

maho.jp


これからもみなさんが楽しんで書き、魅せ、読むことができるような企画を考えてまいります。引き続き魔法のiらんどをよろしくお願いいたします!