「雨に濡れていないと、見えなくなってしまうんです」少し甘い紅茶のような、やさしい声で彼女はそう言った。「どうか、気づかないでいてほしい」彼女の言葉は、ときどき祈りのように響いた。「ここにいてほしい」言葉はなんの役にも立たないのに、それでも言うしかない。







人目を気にしないであなたと歩けたら、どれだけいいだろうかと考えていた。