悠久なる君へ~3300年の記憶~Ⅱ【完】

作者雛子

悠久なる君へ第2巻。紀元前1300年古代エジプト第18王朝へのタイムスリップ物語。

  • コメント
  • スタンプ491
  • しおり1,120

 


 


3300年。


ナイルのように


悠久に流れるその愛しい記憶を、


私は覚えていられるかしら。


 


あれほど煌めいていた黄金が、


青に染まって、沈んで、


その色を失ってしまっても、


私は思い出すことができるかしら。


 


もし。


私が貴方を忘れてしまっていたら、


私を、呼んで。


 


その声で。


その瞳で。


もう、一度。