年末特別企画! 魔法のiらんどトレンドランキング2020

https://storage.googleapis.com/blog-info/entry/2020/12/maho_trendranking_ogp.jpg

魔法のiらんどにとって2020年は新しく生まれ変わった一年でした。
大リニューアルを機に、これまで以上にさまざまなジャンルの小説が投稿されるようになりました。

新しくなった魔法のiらんどでは、どんな傾向の作品が書かれ、読まれたのでしょう?

今回はあれこれデータをランキング化!
2020年4月のリニューアル以降のトレンドをふりかえりたいと思います。

作者がよく使うタグTOP5

https://storage.googleapis.com/blog-info/entry/2020/12/maho_trendranking_1.png

どんな傾向の作品が書かれたかがわかる「作者がよく使うタグTOP5」。

恋愛小説の王道「切ない」「純愛」がぶっちぎりのワンツーフィニッシュ!
続いて「大人○○」系タグを包括する「大人」が3位につけました。「大人LOVE」の人気を見るに納得の順位です。

5位以降は、魔法のiらんどらしさのある「激甘」「独占欲」「年の差」などがランクインしていました。

読者が検索するキーワードTOP5

https://storage.googleapis.com/blog-info/entry/2020/12/maho_trendranking_2.png

読者がどんな作品を探しているかがわかる「読者が検索するキーワードTOP5」。

1位は根強い人気を誇る「不良LOVE」。

2位の「愛されてるのは私じゃない」は、実は作品投稿数は100本超とそれほど多くありません。
しかし読者人気は絶大! 恋愛モノを書きたい方は、次回作のスパイスにいかがでしょうか?

Twitterで人気だったシチュ検索TOP5

https://storage.googleapis.com/blog-info/entry/2020/12/maho_trendranking_3.png

魔法のiらんど編集部がおすすめするシチュエーション検索のうち、「Twitterでクリック数が多かったTOP5」。

人気シチュ1位は「イケない×イケメン」。2位に大差をつけての堂々トップ! 不良に若頭、チャラ男……悪い男たちは人気シチュでも読者を虜にしたようです。10月に実施した「悪い男」特集もあわせてどうぞ。



2位の「両片想い」も人気シチュ。とくに作者ユーザーさんから好評の声が多数ありました。こちらも小説企画Novelite「両片想い」で特集しているのでぜひチェックしてみてくださいね。

最も多く使われたスタンプTOP5

https://storage.googleapis.com/blog-info/entry/2020/12/maho_trendranking_6.png

今年11月に登場したスタンプ5種類の中で、「最も多く使われたスタンプTOP5」。

作品の傾向やジャンルを選ばず使える「好きです」が1位になりました。
「好きです」と並んでよく使われていたのは2位「尊い」、3位「キュン」。

一方、編集部の間では「ぐっときたは死語なの?」と話題になりました。ぜひ使ってあげてくださいね。

今年初登場の気になるタグ5選

https://storage.googleapis.com/blog-info/entry/2020/12/maho_trendranking_4.png

今年初登場したタグの中から編集部が気になったものをピックアップ。

細分化が進むファンタジージャンルのうち、トレンドが続いている異世界の「中華風ファンタジー」、あやかしの「モフモフ」などが登場しました。

ちょっと不思議な「飯テロ」タグが付いている小説は深夜に読むと危険かも?(笑)

2021年も新しいタグをお待ちしています!

「2020年といえば!」編集部イチオシタグ3選

https://storage.googleapis.com/blog-info/entry/2020/12/maho_trendranking_5.png

最後に、「2020年といえばこのタグ!」という編集部のイチオシタグをコメントとあわせてご紹介。
この3つのタグとも、奥深く、味わい深いんです……!

「クズ」

一口にクズと言ってもクズの傾向や対象は各作品それぞれ。実は男女共に中々の……という場合に地団駄を踏んだり、染まっていない清らかな人物が現れると「尊い」スタンプを連打したくなったり、様々な感情を引き出されました。

「独占欲」

4月のリニューアルで「歪んだ愛」ジャンルを追加してから、より目立つようになりました。その欲が独りよがりに終わるか、はたまた相手を巻き込むものなのかで、作風がガラッと変わる興味深いタグです。

「男目線」

作品の数同様、多様性に富んだ魅力的な男キャラクターが多く存在する魔法のiらんどですが、そんな男達の視点から描かれる物語はその作品の異なる一面を見るようで、何重にも読者を楽しませてくれます。思わず「好きです」スタンプを押してしまうのも仕方のないことではないでしょうか。
* * *

2020年は魔法のiらんど運営一同、みなさんのお声に元気づけられ、勇気づけられた一年でした。
みなさんに楽しいひとときをお過ごしいただけるよう来年も頑張ります。

2021年も魔法のiらんどをよろしくお願いします。